WAVES
インスタレーション / Instalation
企画 / プログラミング  / エンジニアリング 
Lexus Design Award 2016 Shortlist
WAVESは日本各地の揺れを一斉に描画します。 地震計のように波形を紙に描き出し、地震の揺れを目で、耳で、直感的に感じさせます。 各地の揺れを一覧できることにより、いつもどこかで起きている事実を発見することができます。
[この 画像では2011年3月11日14:46から数分間の記録を使用しています]
Look at waves around the country. An analogue seismograph draws the lines based on actual shaking data from all over the country. The drawn lines and sound of drawing make people feel a sense of shaking. By displaying several lines on a piese of paper, you may realize the things happen in somewhere far away from here.
[On this image, WAVES draws the record of 11th March 2011 at 14:46 to 14:52.]
​​​​​​​
System
波を描画する地震記録は、 NIED(国立研究開発法人防災科学技術研究所)にて公開されている各地の強震計の値を用いています。 角度に変換した信号によってペンを動かし、揺れを描画します。 描画された線はヒーターによる加熱によって紙の途中から消え、 時間の経過により情報が薄れていく儚さを表現しています。
The recorded data is open at NIED (National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience. Pens get signals and draw lines. The lines are heated and disappearing at left part of WAVES so that it expresses fragility of memories.
SICF(S Indepentdent Creator Fair)
2017年5月青山の複合文化施設「スパイラル」に作品を出展。「紙とペンが擦れる音が怖い」と災害のリアリティを感じるという声があった一方で、被災地の出身者からは「淡々と無機質に当時の揺れを描画しているから、メディアが煽る「かわいそうな被災者」に疲れた自分にとっては、当時を客観的に振り返ることができて良い」との声を頂きました。
project waves
人々が共振するモノを作りたい。この活動はデザイナー3人のそんな想いから始まりました。自分たちだから作れる、意味のある、価値のあるモノは何か。そんな時、震災の後に芽生えた、自分たち自身への問題意識に目を向けました。被災した土地へ行った時、現地の人の話を聞いた時、特集番組を見た時、 地震に対する強い感情が沸き立つけれど、東京の住処に戻った瞬間、普段の生活に戻ってしまう。毎日流れるニュースに、だんだん気を向けなくなってゆく。明日、自分の身にも起こり得るという認識が、弱まってゆく。今ここに住む私たちに必要なこと、それは想像する力。この活動が、日頃から地震について考えるきっかけとなることを願います。
2017.3.11

What resonates in people's heart? This project stared from this point. While looking for things only we can make or things which have strong meanings and values, we finally captured the mind  which emerged inside of us after 3.11, 2011. Strong emotion evokes when we are in the disaster area, listening a story from people live there or watching special TV program about there. But we soon are back to normal day life. Flowing timelines of disaster become less appealing news. We won't recognize it might come tomorrow again. We believe what important is imagining. Hope this work gives someone the time of thinking about earthquake.
11th March, 2017

You may also like